ノマド・キャッシュフロー年収1000万円までの道(8)

今回は「レバレッジ」の重要性について書きたいと思います。

 

皆さん、レバレッジが何か知っていますか?ネットで検索するWikipediaで「レバレッジとは、経済活動において、他人資本を使うことで、自己資本に対する利益率を高めること」と書かれています。

 

しかし、私はレバレッジはもっと広義で捉えることが重要だと思います。要は日常の様々な「テコの原理」を使うことです。テコを使うと小さい力で大きなものを動かせます。このレバレッジを上手く使うことが、ゼロから投資を始めてセミリタイヤするまでのスピードを大きく加速させるのです。

 

レバレッジは何も他人資本の利用だけではなく、他にも様々なものがあります。例えば、「他人の労働時間」や「他人の知識・アイディア」、「インターネット」、「マスメディア」、「ブランド」、「飛行機」・・・など。

 

確かに人類は、レバレッジをかけられる「道具」を沢山発明することで、地球で最強の生物にのし上がったわけです。人間は空を飛べませんでしたがライト兄弟が飛行機を発明することで、今では鳥よりも早く遠くまで飛べるようになりました。ベルが電話を発明することで人間は遠方の人とも話ができるようになりました。今ではインターネットの発明によって、コミュニケーション力は飛躍的に高まっています。

 

これらは全てレバレッジであり、レバレッジを使うことで、より多くの人に、より少ない労力で、より安く、より良いものを、提供できるようになりました。ですから、ノマド投資家も投資活動においては、レバレッジの活用が投資成果に大きく影響することを常に意識して行動する必要があります。

 

ちなみに私の場合は、不動産投資を行うにあたり、他人のお金、つまり融資レバレッジを最大限活用することで、自己資本を大きく上回る物件を短期間に買い増すことができました。

 

レバレッジを比率で表すと、全額自己資本で物件を買うと比率1:1なので1倍です。これが自己資本10%で物件を買うとレバレッジは1:10なので10倍。つまり自己資本の10倍大きい物件を買えたということです。

 

株式投資の「信用」を使うとレバレッジ3倍で投資できます。FXは以前は100倍のレバレッジがかけられましたが、さすがに破産する人が続出したので、その後は50倍、最近は25倍まで規制がかけられました。しかし、これはあくまで個人口座の話で、法人口座では今でも200倍での取引も可能なようです。

 

例えば、レバレッジ100倍なら、100万円を元手に投資して1%値上がりするだけで、利回り100%です。

100万×100倍×1%=100万の値上がり益

ちなみに、レバレッジ1倍なら100円の1%は1万円なので利回り1%のままです。

 

これで、投資におけるレバレッジ効果を十分ご理解頂けたと思います。ノマド投資家は、このレバレッジを上手く活用することで、短期間に爆発的にキャッシュフローを増加させることが可能です。

 

しかしながら一方で、レバレッジは「両刃の剣」でもあります。つまり、もしマイナスに振れれば、1%の値下がりで自己資本を100%失います。

 

これは例えば、ダイナマイトといっしょです。鉱山発掘に使用することもできれば、人殺しのために使用することもできます。つまり、使用する人の考え方やスキルによって良くも悪くも作用するということです。そして、私はこのレバレッジを巧みに活用することがセミリタイヤへの最短の道だと考えています。実際に私も「融資」というレバレッジを最大限活用できたので1年程でセミリタイヤを実現できました。

 

ちなみに、私の実体験からも区分マンションやコンテナ倉庫は融資レバレッジを使い難いので、融資が付きやすいアパート・マンション1棟投資が投資初期フェーズで急激に資産を増やすには最適だと思います。

 

さらに、融資レバレッジ以外にも、管理会社に物件管理を任せて「他人の労働時間」というレバレッジを活用したり、インターネットを活用して広域に募集内容を伝達する「ネット」というITレバレッジを活用したり、他にも様々なレバレッジを常に発見・活用していくよう心がけることがとても重要です。

 

皆さんも、レバレッジ比率1:XX を常に念頭において活動して行きましょう。

 

【公式メルマガ~ノマド投資家という生き方~】

ブログで書けない裏話や最新有益情報は無料メルマガで最速でお届けしています。

登録はこちら→http://nomad-investor.com/news

 

※この記事が役に立った場合は、ぜひ下記のFaceBookボタンで 「いいね!」やツイートボタンなどでシェアしていただけると助かります!

公式メルマガ「ノマド投資家という生き方」の登録方法

最新情報や公開できない情報は私の発行する無料メルマガで読者へダイレクトに紹介しています。
情報を受け取りたい方は下記よりご登録ください。