ノマド・キャッシュフロー年収1000万円までの道(5)

前回は「ノマド投資拡大メソッド」の概要について書きましたが、今回は「ノマド投資拡大メソッド」の中でも最も重要なSTEP 1~3までの初期フェーズで、私が実際にどのように行動したのかについて、実録公開したいと思います。

 

ちなみに前回の内容を忘れてしまった方のために、再度初期フェーズについて書きます:

STEP 1 給与所得で自己資金を貯める
STEP 2 高利回りの1棟アパート・マンションをフルローンで購入する
STEP 3 1棟目のキャッシュフロー(CF)で高利回り1棟をフルローンで買い増す

でしたね。

 

STEP 1では、私は金融機関からの信用を高め、自己資金を貯めるために、独立コンサルタントから、一旦サラリーマンに戻りました。独立コンサルタント時代に都内の区分ワンルームマンション2戸を、現金と50%程融資を受けて購入していましたが、1棟マンション・アパートを購入するためにはSTEP 1が重要と考え、決断しました。

 

結果は成功で、急速に自己資金を貯めることができました。とは言え、金融機関も転職してからすぐには融資してくれないだろうと考え、一棟買いを開始するまでの間に、高利回りの貸コンテナ倉庫に投資しました。しかし、この貸コンテナ倉庫が思ったほどのスピード感が無く、新規出店なのですが、なかなか満室になりません。金融機関からのローンも受けていないので、満室想定では高利回りなのですが、かなりの期間お金が寝てしまった感があります。

 

まさに、始める前のイメージと実際にやってみるとでは大違い。この経験から貸コンテナ倉庫投資は、「ノマド投資拡大メソッド」のSTEP 5ぐらいに位置付けています。一棟マンション・アパートからの余剰キャッシュフローで現金買いするのが良いと考えています。それは短期償却可能な資産である点も考慮の上です。(投資スキルが高い方はこの意味が分かるはずです)

 

そこで、再度自己資金を最低限貯めなおし、転職から2年以上経って金融機関からの信用も付いたところで、木造の中古アパートから一棟買いを開始しました。以下、これまでの一棟買いの軌跡と、物件毎の自己資本率、表面利回り、自己資本利回りとの関係を時系列でまとめてみました:

 

<物件><自己資本率><表面利回り><自己資本利回り>
1.墨田区、RC区分1DK・・・・・・・100%、12.5%、12.5%
2.北区、RC区分1K ・・・・・・・・52%、16.0%、30.8%
3.府中市、木造1棟1R 8室・・・・・・13%、14.4%、110.8%
4.小田原市、木造1棟1K 8室・・・・・4%、18.2%、455.0%
5.小田原市、重量鉄骨1棟1R17室・・・3%、23.2%、773.3%
6.川崎市、木造1棟1K 14室、2K2室・・0%、20.3%(予定)、–

 

以上ですが、ご覧のとおり段々投資の腕を上げていきました。自己資本率、つまり自己資金の割合ですが、物件価格に対して%で表現しています。自己資本率が下がるに従い、つまり融資割合が高まるにつれて、自己資本利回りが驚異的に上がるのが分かると思います。これが財務レバレッジ効果です。6の川崎市の物件では、オーバーローンのため自己資本利回りは算出不能となってしまいました。

 

加えて、物件に対する表面利回り、つまり家賃キャッシュフローと買値の関係ですが、こちらもどんどん改善させていきました。こちらがオペレーショナルレバレッジ効果です。ちなみに、6の川崎市の物件は現在利回り改善施策を実施中で、予定通り行けば、11.3%から20.3%ぐらいに改善できる可能性があります。このようにオペレーショナルレバレッジ施策もとても重要なのです。

 

 

上記のような2つのレバレッジを戦略的にかけて行ったからこそ、「投資効率が非常に高い」、「収益性もある」、しかも「撤退リスクが低い」、ノマド投資家流の「不動産投資ポートフォリオ」を作れたのです。

 

次回は、木造アパートとRCマンションの収益性の違いについて書いてみたいと思います。なぜ、私がRCをやっていないのか?それでは、お楽しみに。

 

【公式メルマガ~ノマド投資家という生き方~】

ブログで書けない裏話や最新有益情報は無料メルマガで最速でお届けしています。

登録はこちら→http://nomad-investor.com/news

 

※この記事が役に立った場合は、ぜひ下記のFaceBookボタンで 「いいね!」やツイートボタンなどでシェアしていただけると助かります!

公式メルマガ「ノマド投資家という生き方」の登録方法

最新情報や公開できない情報は私の発行する無料メルマガで読者へダイレクトに紹介しています。
情報を受け取りたい方は下記よりご登録ください。